エグゼクティブコーチング

なぜエグゼクティブコーチングが必要か?

現在の社会は変化のスピードが速く、不確実性に満ちています。
様々な経営現場の課題に対して、会社を担う社長は、現場を離れて「深く思考する時間」を持つことが必要です。
その思索をスムーズにし、頭の中の整理をお手伝いするのが、エグゼクティブコーチングです。
社長だけでなく、次代を担う後継者・幹部にもコーチングはとても有効です。

経営者が抱えている5つの悩み

孤独である

経営者はその立場ゆえに「弱音を吐けない」「愚痴れない」「本音を言えない」など、周囲から隔絶されたような孤独感を持っています。

重い責任・プレッシャー

経営者の意思決定により、会社全体の業績が良い方にも悪い方にも変わります。そのプレッシャーに押しつぶされそうになっています。

時間がない

日々刻々と変化をするビジネス環境にさらされ、解決すべき問題をいくつも抱えています。じっくりと解決策を考える余裕がありません。

ビジョンが描けない

現状の打開策を考えるの手一杯で、5年10年先の会社の状態やビジョンを描けないでいます。

後継者がいない

社内に経営問題などを相談できる頼れる右腕がいません。事業を拡大していくためにも社長の右腕・後継者を求めています。

課題の答え・解決に必要な能力は、あなたが既に持っています

エグゼクティブコーチングでは、落ち着いた雰囲気の中、1対1のコーチングをします。
相談相手がいると、問題を客観的に見ることができます。
あなたが抱える問題を明確化していき、対話のプロセス・質問によって、解決への気づきを生みます。

「緊急でないが重要なこと」に向き合い、後回しにしがちな問題を定期的に解決する習慣ができると、劇的にストレスが減ります。

モチベーションは自分の内側から湧き出るものです。
話をしていくことで、自分自身も意識をしていなかった問題や、価値観に出会います。
頭の中が整理され、未来へのビジョンを描くのが容易になるでしょう。

エグゼクティブコーチングの流れ

エグゼクティブコーチングは次のような流れでセッションを開始します。

1

初回ヒアリング

エグゼクティブコーチングの概要説明
コーチとの面談

2

コーチングメニューの確定

コーチング内容の確定
契約書の締結

3

セッションスタート

契約内容に基づいて、エグゼクティブコーチングのセッションを開始

コーチングのお問い合わせ

入力内容をご確認いただき、お間違いなければ下記ボタンよりお問い合わせください。