新入社員や若手社員に向けた部下指導方法、営業力強化メソッドをはじめ、すべての人に役立つモチベーションアップ方法などを実践形式で学ぶ研修や講演を提供しています。また、中国やベトナム・ミャンマーなど海外進出を目指す企業や、後継者にたいしての事業継承に悩む方達へコンサルティング業務をしています。

石黒彩さんと対談しました

元教師、海外勤務の豊富な経験 組織に笑顔をもたらす人材育成

元教師、海外勤務の豊富な経験
組織に笑顔をもたらす人材育成

北社長は、以前は教師でいらっしゃったそうですね。

ええ。子どもの頃から人に教えることに興味があって、大学卒業後は私立大学付属の中高一貫校で社会科の教師を約 6 年務めました。
その中で、次第にビジネスの分野にも挑戦したいという思いが募り、親族が経営するランドセルメーカーに転職したのです。
その会社では福島県に工場を立ち上げ、人事や運営を行った後、中国へ出向することになり、現地の工場での 5S 指導や、アジア圏を飛び回っての営業活動も行いました。
そして、それまでの教育や人材育成の経験を生かし、当社を立ち上げた次第です。

実際に、どういった事業を展開されているのでしょう。

海外進出を目指す企業や、人材育成に悩む企業のアドバイザーを務めたり、コンサルティングを行ったりしています。
当社では“World wide METHOD”を掲げており、国内外の組織で通用するコミュニケーション能力やマネジメント能力を、経営者の方々をはじめ若手リーダーなどに向けても指導しているのです。
その他、新入社員の育成にも関わらせて頂きますし、ビジネス研修や経営者向けのコーチングなども行っています。
そこでは分かりやすいように例を交えたワークショップ形式で、すぐに実践できて効果的な方法をお伝えしていますよ。
また国内外問わず、ご依頼には可能な限り応えたいと思っています。

独自の指導方法を確立していらっしゃるのですね。

また、セミナー講師も務めています。
中学生や高校生を対象に話すこともあれば、大学で就職活動を控える学生たちに向けた講演を頼まれることなどもあり、幅広い層のセミナーを行っているんです。
そうした活動を通じて、若い世代のやる気スイッチを押せることが、大きなやりがいになりますね。

フィールドが変わったとはいえ、人を育てるという意味で教師と通ずるものがあるのだと思います。

おっしゃる通りです。教師の経験を通して、指導する上では「信頼関係を築くこと」が重要だと気付かされました。
これは経営者の方々とお話しさせて頂く時にも意識しています。
また、過去に学校の先生や先輩から「人とのご縁を大切にして、不義理をしないこと」を教わり、これは今でも私のモットーになっています。
そうして、お客様の仕事におけるアクションを見直し、1 つずつ改善するためにサポートをした結果、「仕事が楽しい」と思って頂ければ嬉しいですね。

なるほど。信頼してくれた人を裏切ることはできないですものね。
最後に、これからの展望をお聞かせください。

今後の目標は「日本とアジアの架け橋になる」ということ。
当社の活動によって、日本とアジアの教育を変えていくために、成長を続けていきます。

Guest Comment

社名には、コミュニケーションというツールで多くの方に笑顔をもたらし、最も光り輝く “北極星(pole star)”のように、お客様の道標になりたいという想いが込められているそうです。北社長の活動で、今の子どもたちの世代がより良い教育を受けられるようになることを期待しています!