新入社員や若手社員に向けた部下指導方法、営業力強化メソッドをはじめ、すべての人に役立つモチベーションアップ方法などを実践形式で学ぶ研修や講演を提供しています。また、中国やベトナム・ミャンマーなど海外進出を目指す企業や、後継者にたいしての事業継承に悩む方達へコンサルティング業務をしています。

リモートワークを上手にするには?

みなさんこんにちは!
ポールスターコミュニケーションズの北宏志(きたこうじ)です。

東京を中心とした7都府県に緊急事態宣言が出され1週間。東京も新宿や渋谷周辺では人がほぼいない状態になり、1日中混雑しているJR各線もガラガラな状態が続いています。

今週から本格的に大企業を中心にリモートワークが始まったようです。連休明けまでずっと一日おき、一週間おきなどさまざまなパターンがあり、私の周りでも大きな支障が出ているようです。

あるサイトで在宅勤務についての悩みが紹介されていました。

長期になればなるほど在宅勤務あるある10

  • 自宅では気が緩む
  • 仕事をし過ぎてしまう
  • 子どもが家にいると集中できない
  • 椅子や机が合わない
  • ウェブ会議が負担
  • 運動不足になる
  • 食事(ランチ)がいい加減になる
  • 電気代が気になる
  • 収入が気になる
  • やっぱり寂しい

いかがでしょうか?
私も毎日のように「在宅ってどうすればうまくいくの?」と問い合わせを受けています。やはり今週になりその件数は増えていて、昨日は4人から相談を受けました。抱えている悩みは、ほぼすべて上記の在宅勤務あるある10のうちのいずれかです。

私は、在宅ワークには自信があります(笑)。教員時代は、学校で時間がなく、家で教材研究をしていました。転職後も出張が多く、自ずと家やホテルでの作業が増え、現在でも自宅で資料作りや事務作業をしています。

ポイントとなることは3つになるかなと思います。

①仕事に集中する環境を作ること

自分のスペースが決まったら、会社のデスクと同じ環境を作ってしまうことです。私の場合ですと、パソコンとiPad、イヤホン、携帯充電器、スピーカー(作業時はSpotifyをずっとかけています)、飲み物(コーヒーと炭酸水)の位置です。できるだけ動かなくてもいいように、いつも決まった配置になっています。

②タイムマネジメント

在宅だとミーティング等も減り、作業ばかりになるので時間を持て余すことも出てくると思います。タイムマネジメントが不可欠です。私の場合は、前の日かその日の朝に、今日のやるべきこと・やりたいことをまず書き出します。付せんがあるとベストです。ウェブ会議など決まっていることもあるので、そこを起点に、書き出したものをパズルのように入れ替えて、やることを順に並べ、予想時間を書き出します。読書、動画鑑賞、筋トレ、食事などもここに入れます。

③ご褒美を決める

予定通りにやりきったら「〇〇をする」などと楽しいことを決めることです。私の場合は、映画鑑賞、友人への電話、投資情報の確認などです。料理が好きな人なら時間をかけて料理をしてみる、UberEatsで好きなものを頼むなどもいいと思います。あとはお酒もいいですね。やるべきことをやって、早い時間から飲むビールは格別ですよ(笑)

自分のパフォーマンスが高まるルールを決めて、実践し、トライ&エラーで自分なりの勝ちパターン(こうしたら仕事を効率的に進められる)と負けパターン(こうしたら自分はダラダラしてしまう)を積み上げていくことがリモートワークを成功させるポイントだと思います。

最近、私も時間があるのでFacebookでライブ配信を頻繁にやっています。質問を受けてそれにこたえていく形です。もう30個くらい質問が集まったので、できるだけ早くお答えしていきたいと思っています。ライブ配信の内容は、YouTubeチャンネルにも投稿していますので、是非ご覧ください。

YouTubeポールスターチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCk0JehB1SdGKxDRkap1Zh1w

シンガポール、ミャンマー・ヤンゴン、インドネシア・ジャカルタなどではロックダウン(都市封鎖)で本当に人が外に出ていないようです。不要不急の外出でなければ罰金などが科されます。上海では、少しずつ街の活気を取り戻しているなど明るい情報も入ってきています。「明けない夜はない」この状況を少しでもアフターコロナの糧にできれば、私たちはもっと便利に暮らしていけると思います。

今回の記事が参考になれば嬉しく思います。
今後とも宜しくお願いします。